未分類

1,000円稼ぐのに1時間かかりますよ??【贅沢は敵】

アルバイト 平均時給 お金を使わない生活
バイト代入った!遊ぶぞ!使うぞ!!

 

1ヶ月一生懸命働いてようやく手に入った「バイト代(給料)」。

その給料で、ずーっと欲しかったものを買ったり、ぱーっと遊びにでかけたり思い浮かべている人も多いでしょう。

しかし、そうやってお金を使ってしまうことによって、あなたはまた一生懸命働かなければならなくなります。

お金のために働く→お金を使う→お金がなくなる→お金のために働く→ …

無駄使いをするだけで、上のような「負のスパイラル」に入り込んでしまいます。

少しでも「働きたくない」「お金を貯めたい」と思っているのであれば、まずはこの記事を見て、お金に対する考え方を改めましょう。

アルバイト平均時給は「約1,000円」

アルバイト求人サービス会社「an」が公表している「an report(アンレポート)平均時給レポート2月号(出典:https://weban.jp/contents/an_report/repo_cont/heikin/201902.htm)」によると、

アルバイトの全国平均時給は「1,048円(2019年1月)」となっています。

つまり、アルバイトで一生懸命働いたとしても、1時間でたったの1,000円しかもらえないのです。

…何をいまさら?と思った人もいるかもしれませんが、改めて文字化すると結構衝撃を受けませんか?1時間働いて1,000円しかもらえないってこと。

〇〇をするために何時間働く必要があるの?(具体例)

しかし、私たちはバイト代(給料)をもらうと、すぐにあれこれ使ってしまいがちです。

次に、あなたがしたいと思っていることを実現するためには何時間働かないといけないのかということを見ていきましょう。

1,000円のランチを食べるために1時間働かなければならない

やれ女子会だ男子会だといって、ほんのちょっとだけ奮発して外食をしようと思うと、1時間の労働が必要になります。

あなたがたった数時間しか行動できるようにしてくれないご飯を食べるためには、1時間働かなければならないのです。

5,000円の飲み会に行くために5時間働かなければならない

週末はパーッと飲みに行こうと思うと、あなたはざっくり5時間働かなければならないことになります。

あなたが1日汗水流して働いたお金をたった1日で溶かしてしまう

飲み会なんてほとんどの場合、愚痴か近況報告といった中身のない情報しか手に入れられないので、実質的にお金をドブに捨てるようなものですね。

予算10万円で旅行行くには100時間働かなければならない

国内のおしゃれな宿泊施設に泊まろうと思ったり、週末海外旅行に行こうと思うとだいたい10万円くらい必要になるかと思います。

その場合、あなたは100時間も働かなければなりません。

1日8時間労働と仮定して日数計算すると、12.5日も働かなければなりません。

半月もの間汗水流して一生懸命働いて手に入れたお金を、たった2、3日で溶かしてしまうことになります。

300万円の車を買うためには300時間働かなければならない

300万円の車を買うためには、あなたは300時間働かなければなりません。

1日8時間労働だと仮定すると、37.5日も働かなければなりません。

さらに車には税金、保険代、駐車場代、ガソリン代などの維持費が必要になります。

買うときに大金が必要になり、持っているだけでお金がかかる。さらに走るともっとお金がかかる。

車はあなたを強制労働をさせる原因の1つです。

お金を貯めるためにはお金を使うな!

以上、具体例を交えて説明してきました。

人は何かをしよう、買おうとするとほとんど必ずお金が必要になります。

なにかしよう、買おうと思ったときは必ず、お金とそれに対する労働時間の計算をしてください。

〇〇をやる(買う)ためには何時間働かないと行けないのか。

→ 労働時間に対する対価・効果は適正か。

煩悩に負け、なんでもしたり買ったりしてしまうと、あなたは一生働き続けることになるでしょう。

  • 働きたくない
  • お金を貯めたい

少しでもこう考えている人は、まずは自分の生活を見直し、お金を使わない生活を目指すようにしましょう。

お金を使わない生活であれば、少しのお金で生活ができます。少しだけ働くだけで十分なんです。