考え方

自転車保険加入義務化する都道府県急増!自転車に乗るか捨てるか。

【自転車保険加入義務化 チャリ 保険 都道府県 自治体 市町村】ミニマリスト ミニマリズム シンプリスト シンプリズム

こんにちは!ミニマリストまねいずです(﹡ˆᴗˆ﹡)

今回の記事は、自転車保険加入義務化する都道府県(自治体)が急増している理由分析と、自転車に乗ることの是非について書いた記事です。

自転車保険加入義務化について

そもそも自転車保険とは、自動車保険の自転車版に近いものになります。

自転車に乗っていて加害事故を起こし、被害を与えた相手や物に対する賠償金を(一部)加入先の保険会社が支払ってくれたり、自転車事故によってうけた自分自身のケガの補償もしてくれたりする保険です。

そんな自転車保険ですが、2015年10月に兵庫県で自転車保険加入義務化の条例が施行されたのを皮切りに、全国の自治体で自転車保険加入の義務化・努力義務化が推し進められています。

特に、東京都が2020年4月から自転車保険加入義務化の条例を施行するというニュース(下記参照)によって、自転車保険加入義務化に関する関心が非常に高まっています。

自転車の利用者が加害者になる事故が相次ぐなか、東京都は自転車を利用する人やその保護者に自転車損害賠償保険の加入を義務付ける条例を制定した。自転車による交通事故で都民が高額な賠償を請求されるケースに備え、2020年4月の施行を目指す。

出典:東京都の自転車安全利用促進条例、保険の加入義務化(日経新聞電子版11/1)

なぜ自転車保険加入義務化になるの?

「自転車保険加入義務化って…やっぱり自転車事故の重大事故件数が増えてるんだろうか…」

と疑問に思って調べてみましたが、どうやら自転車事故の重大事故件数は年々減少しているようです↓

しかしながら、自転車による重大事故は未だにゼロにはなっていないのは事実。

そして、近年は歩行者に対する自転車重大事故を起こした場合、超高額な賠償金の支払いを命じる判例が増えています。中には1億円近い賠償金を支払うよう命じられたケースも↓

小学生が乗った自転車にはねられて植物状態になったとして、被害女性(67)の家族と保険会社が児童の母親(40)に対し、計約1億600万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、神戸地裁の田中智子裁判官は4日、児童の母親に計約9500万円を支払うよう命じた。

出典:神戸新聞NEXT(2013年7月5日)小学生の自転車事故 母親に9500万円賠償命令 神戸地裁

このように、対歩行者の自転車事故の場合は、自転車側に大きく責任が求められるのが原則であり、さらに歩行者を死なせてしまったり重い後遺症を与えてしまったりすると、上の判例のように超高額の賠償金の支払いが求められます。

いくら注意して自転車に乗ったとしても、事故を完全に防ぐことはできません。そういった自転車による事故・賠償から自分自身、相手そして双方の家族を守るためにも自転車保険加入義務化の流れは非常によい流れだと思っています。

自転車保険って、どのくらいかかるの?

保険会社やプラン内容によっても異なりますが、セブンイレブンの自転車保険だと年間3990円(お一人様プラン、2020年3月16日現在)

それ以外の保険会社の自転車保険についても大体、月数百円から1,000円程度で自転車保険に加入することができます。

また、現在加入している保険・共済やクレジットカードなどに、自転車事故に関する特約が付与されている可能性もありますし、オプション契約することも可能かもしれません。

これを期に、一度確認してみてはいかがでしょう。

本当に自転車に乗るべきかを考え直すいいタイミング

自転車保険加入義務化をする都道府県(自治体)が急増している現在ですが、このタイミングこそ、

本当に自転車に乗るべきなのか?

ということを考え直すいいタイミングだと私は思いました。

当然、自転車通勤通学などで、どうしても自転車に乗らざるを得ない人は、自転車保険に加入して自転車に乗るべきだと思いますが、

  • たまにしか自転車に乗らない
  • ちょっとした買い物程度しか自転車に乗らない
  • 電車やバスなどの公共交通機関を代わりに使える

こういった人は、自転車保険に加入してまで自転車に乗り続けるべきかどうかを一度考え直すいいタイミングではないでしょうか?

自転車はめちゃくちゃ便利で気軽に使える乗り物ですが、それと同時に危険な乗り物でもあります。

そのことを念頭に考え、それでも自転車に乗り続けるという決断をした人は、自転車による事故や賠償から自分自身、相手、そして自分の家族を守るためにも必ず自転車保険に加入しましょう!

最後に(まとめ)

各都道府県(自治体)は自転車保険加入義務化を推し進めています。

そんな今こそ、本当に自転車が必要なのか?ということを考えてみましょう。

 

そして…

自転車はいらない!という人は、これを期に自転車を処分すべきですし

自転車は絶対必要だ!という人は、既契約の保険・共済、クレジットカードの特約・オプションに自転車保険特約があるかどうかを確認し、ない場合は必ず加入することをおすすめします。

なお、自転車保険のオプション契約もできるおすすめのクレジットカードは下の記事で紹介しています

【クレジットカード シンプルデザイン お得 おすすめ 最強】ミニマリスト ミニマリズム シンプリスト シンプリズム
【シンプル】ミニマリストがおすすめする最強のクレジットカードとは?「シンプルなデザインのクレジットカードがほしい…」 「ミニマリスト・シンプリストがおすすめするクレジットカードって何?」 こ...