未分類

老後資金2,000万円を貯めるため、今すぐ若者が始めるべきこと

老後 年金制度 老後に必要なお金 年金制度崩壊

金融庁は3日、長寿化が進む人生100年時代において、金融資産の不足を生じさせないための提言を盛り込んだ報告書を取りまとめた。「これまでより長く生きる以上、多くのお金が必要となる」と指摘し、生活水準を維持するには保有資産の運用など“自助”の取り組みが重要と指摘。(中略)今後30年の人生があるとすれば、単純計算で2000万円が必要と試算した。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190604-00000501-fsi-bus_all

65歳時点で「2,000万円」貯金していないと十分に生活できないようです…

年金制度は完全崩壊。

年金制度崩壊 年金崩壊 年金終了 年金の終わり 老後のお金
年金完全終了!「年金だけでは満足な生活水準に届かない」www少子高齢化により、年金の給付水準を維持する事が困難である事を明言。年金だけではまともに生活できない可能性があると述べた上で勤労継続、支出...
この記事でわかること(要約)
  • 65最時点で2,000万円の貯金が必要
  • 若者よ!給料が高い会社に就職しろ!(もしくは起業)
  • 若者よ!貯金・節約に徹しろ!
  • 若者よ!投資を始めろ!
  • 自分の老後は自分で守らないといけない。

65歳時点で2,000万円の貯金が必要

現在年金は65歳から原則受給となっています。

金融庁の報告書によると、その年金がもらえる65歳時点で年金とは別に2,000万円の貯蓄が必要であると報告サれています。

つまり、老後資金のために毎月4万円強の貯金をしなければならないということです。

2,000万円貯金するために必要な毎月の貯金額(40年間働くと仮定)

2,000万円 ÷ 40年 ÷ 12ヶ月 ≒ 4.17万円

毎月の給料の手取りが20万円の人であれば、給料の20%を貯金に回さなければなりません。

老後資金を貯めるために若者が今すぐはじめないといけないこと

老後資金を2,000万円貯めるために、私たち若者が今すぐはじめるべきことは次のとおりです。

給料の高い会社に就職すること

まずは、とにかく給料の高い会社に就職してください。

給料の高い会社に就職するためには、

  • 有名大学卒業
  • 難関資格保有
  • 極めて高いコミュニケーション能力
  • 人脈(コネ)

といった要素が必要です。

コミュニケーション能力や人脈といったものは得意不得意があるためみんな平等に手に入れることは難しいでしょうが、勉強は違います。

コツコツとにかく勉強に勉強を重ね、有名大学を卒業したり難関資格を取得して、給料の高い会社への就職を勝ち取ってください。

自分の能力やスキルに自身がある人であれば、フリーランスとして活動したり、起業するのもありですね。

貯金・節約に徹すること

そして、高い給料をもらいつつも絶対に生活水準は上げないこと。

生活水準を上げるということは、次のようなことが該当します。

  • 家を建てる
  • 家賃の高い部屋を契約する
  • 車を所有する
  • 頻繁に旅行をし始める
  • 高額な習い事を始める
  • 値段の高い食品を買い始める
  • etc…

https://maneiz.com/car-cost/

このように少し生活水準を上げるだけで、自分から出ていくお金の量がどんどん膨れ上がっていきます。

最悪の場合、「稼いだ分だけ使う」という発想に至ってしまい、全く貯金ができない状況に陥ってしまいます。

とにかく、財布の紐を締め続け、自分の資産を守り抜くことが大切です。

投資を始めること

そして最後に、貯金を利用して投資を始めましょう。

投資こそ、もっとも効率的にお金を増やすことができる手段です。

投資をすることで、配当金を貰うことができたり、売買益で高額のリターンを狙うことができます。

貯金をしていてもお金は全く増えません。であれば、少しのリスクを背負ってでも投資をして高額なリターンを狙いに行く必要があります。

https://maneiz.com/heisei-savinginterestrate-end/

まとめ

日本がかつて予想もしていなかった少子高齢化と長寿命化によって年金制度は崩壊してしまいました。

自分たちが高齢者となったときには、もう十分な年金がもらえない可能性が極めて高いです。

とにかく若いうちにバリバリ稼いで、貯金して、投資をする。

自分の老後のために今から行動を始めなければなりません。

今すぐ投資を始めるべき理由&おすすめの投資先 >>