未分類

【FP・元金融機関職員が解説!】投資信託・ファンドって何?

投資信託 ファンド 解説 詳しく 説明
投資始めようと思ってるけど、「投資信託」?それって何?食べれるの?

CMなどの広告で、しきりに「投資信託」というワードが流れています。

どうやら投資の一つなんだろうけど、よくわからない…。という人のために、FP・元銀行員がどこよりもわかりやすく「投資信託」について解説しようとしました!

投資信託のイメージがつかめないという人はぜひ参考にしてください。

投資信託 ファンド 専門用語 指標 チェック 見るべき項目 解説
投資信託・ファンドを買うときに絶対チェックすべき項目とは? 投資の第一歩として投資信託を買おう!と思い、金融機関のホームページにある投資信託のページを見に行くと、 よくわからない単語...

投資信託 ≒ 詰め合わせセット

簡単に言ってしまえば投資信託とは、金融機関が売っている「株・国債の全自動詰め合わせセット」のことです。

投資信託ファンド例

詰め合わせセット(投資信託)の中身はそれぞれ異なっているため、その詰め合わせセットの方向性(テーマ)や中身を見て判断し、買うだけで「投資」が完了します。

例えば、

  • アメリカのいい感じの株だけでやってほしい
  • 日本の新しい最先端の企業の株を中心にやってほしい
  • 「日経平均株価」ってやつ?と同じように値段が動くようにやってほしい
  • etc…

こんな感じで、自分の好みにあった投資信託を選べばいいのです。

 

そしてその詰合せセット(投資信託)が私たちに売れたおかげでお金が手に入った金融機関(販売会社)は、そのお金をもとに「プロの投資会社(運用会社)」が実際の株や債券などの売買を行います。(お金の管理は「金庫番」(信託銀行)にお願いしています)

この仕組みのおかげで私たち(投資家)は、詰め合わせセットの中に入っている個別の株や債券の売買をすべてプロの投資家にまかせることができ、私たち投資家は「値段が変動する詰め合わせセット全体の値段」だけを見ればいいのです。

そして、

自分が買ったときよりも詰め合わせセット全体の値段が上がった!これ以上上がりそうにない!と思ったら、詰め合わせセットを売れば儲けます(お金がもらえる)し、

反対に

自分が買ったときよりも詰め合わせセット全体の値段が下がった…もう値段が上がりそうにないし、これ以上下がったらやばい…と思ったときに、詰め合わせセットを売れば、一部のお金が戻ってきて損を食い止めることができます。

投資信託のメリット

投資信託について簡単に説明しましたが、

投資信託の魅力(メリット)は、次の通りです。

投資信託のメリット

  • ひとつの投資信託を買うだけで、いろんな株や債券を同時に購入したことと実質的に同じになる
  • 自分自身で個別の株・債券の売買をしなくてもいい
  • 少ないお金から購入ができる

つまり、

  • 時間のない社会人・学生
  • めんどうくさがりな人
  • 投資初心者

といった人たちにおすすめできる投資商品なんです。

投資信託のデメリット

しかし反対に、投資信託にはいくつかのデメリットがあります。

投資信託のデメリット

  • いろんな手数料が0.1〜数%程度発生する(個別株にも取引手数料は発生しますが)
  • 株主優待券がもらえない
  • 自分で個別の株や債券の中身を決めたり、売買することができない

つまり、

  • 運用会社や信託銀行に手数料を払いたくない!
  • 株主優待券をもらって、桐谷さんのような生活を送りたい!
  • 投資は自分で全部やる!

といった人にはおすすめできない投資商品です。

投資は若いうちから始めるほどお得!!【学生必見!】

ここまで、投資信託について説明をしてきました。

投資信託を含め「投資」は、若ければ若いほどお得になります。

少ないお金でもいいので若いうちからコツコツと投資にお金を回すと、10年、20年後にはめちゃくちゃでかい投資金額になっています。

さらに、儲けたお金をさらに投資に回せば、複利効果という「利益が利益を作り出す」ことも期待できます。(投資信託なら、「再投資型商品」を選択してね)

これでもし、コツコツ買っていた投資商品が値上がりしていけば、普通の預貯金にお金を預ける以上に大きなお金を手にすることができます。(値下がりすれば損することになりますが、コツコツ買っていれば値段が平均化されて、損失額が抑制される可能性が高くなります。)

また、投資を経験することによって、投資知識だけではなく、政治・経済関連の知識も手に入れることが期待できます。

 

最近では、NISA・つみたてNISA・ジュニアNISAといった、投資経験が浅い人や未成年(学生)向けに税金が優遇される制度も始まっています。

こういった制度を活用して、若いうちから投資を預貯金代わりに始めてみてはどうでしょうか。

次の記事では、投資信託を購入するにあたってオススメのネット証券会社を紹介しています。ぜひ参考にしてください。

ネット証券会社ランキングを見に行く >>