未分類

「学資保険」は情弱向け悪徳商品じゃない!商品特徴を理解しよう!

学資保険 学費保険 商品特徴 元本割れ 途中解約 返戻率 お得

一方的に学資保険を批判してはいけない。

子どもの将来を第一に考えるのであれば、人によっては有効な商品になりうる。

学資保険は「保険商品」であり「投資商品」じゃない

そもそも学資保険は、教育資金を準備するための貯蓄型保険で、子どもの入学・進学時にお金(祝金・満期保険金)を受け取ることができます。加えて、契約期間中に親(契約者)が死亡したり障害を負ってしまうと、それ以降の保険料の支払いが免除される(祝金・満期保険金は受け取れる)という特徴をもちます。

で、一部の人は、何故かこの商品に対して、

  • 返戻率が低い!(元本割れする!)
  • 途中解約すると損する!
  • インフレに弱い!
  • 保障が弱い!
  • etc…

などなど、不満をぶちまけているようですが、論点が少しずれています。

返戻率が低いのは「投資商品」じゃなくて「保険商品」だからですし、元本割れ・インフレリスクがある!って怒っているのであれば自分で資産運用・形成しろって話。保障が弱い!って言うのもこの商品があくまで学費にしか焦点を当てていないから。

学資保険は、自分で学費分のお金を貯蓄したり資産運用できない人が、将来の子どもの学費に対してリスクヘッジするための保険商品です。

万一のことに考えるのであれば学資保険は有効

商品や特約付与状況にもよりますが、学資保険に加入することで、

  • 将来必要な学費を強制的に積立貯金できる
  • 親(契約者)が死亡・障害者になると、それ以降の保険料払込は免除
  • 所得税・住民税が一部控除
  • etc…

こういったメリットを受けることができます。

この中で最も大きなメリットであるのが「親(契約者)が死亡・障害者になると、それ以降の保険料払込は免除」という点です。

親・契約者であるあなたの身に何かが発生して稼ぐことができなくなってしまった場合、遺族・障害年金や、生命保険等で支払われる保険金以外に、子どもに十分な教育費を渡すことができなくなってしまいます。

そこで学資保険に加入しておけば、そういったお金に追加して子どもに学資保険の満期保険金を将来渡すことができるようになります。(途中の学資保険料の支払いは免除・0円)

今時点で子どもの学費を十分に貯蓄できておらず、子どもの将来の学費に対して最大限のリスクヘッジをかけたいのであれば、学資保険は有効な商品です。

まとめ

学資保険については賛否両論ありますが、

  • もう将来の学費分の貯蓄をしきっている
  • 資産運用で絶対に負けない自信がある
  • 死亡したり障害を負ったりしない自信がある

という人であれば学資保険に加入する必要はないでしょう。しかし、

  • 貯金癖がついていない
  • 万一のことを考えてリスクヘッジしたい(子どもに迷惑かけたくない)
  • 資産運用する自信がない

という人であれば、学資保険は有効な保険商品です。

この点を踏まえて、学資保険の検討を行ってください。

老後 年金制度 老後に必要なお金 年金制度崩壊
老後資金2,000万円を貯めるため、今すぐ若者が始めるべきこと金融庁は3日、長寿化が進む人生100年時代において、金融資産の不足を生じさせないための提言を盛り込んだ報告書を取りまとめた。「これまでよ...