未分類

「いくらまでならお金を使ってもいい?」という考えは今すぐやめろ!

いくらまでならお金を使ってもいい どのくらいならお金を使ってもいい
給料入った!いくらまで自由に使おうかな?

新社会人やバイトを始めた学生などがもらっている「給料」。

多くの人が、「いくらぐらいまでのお金なら自由に使ってもいい」と設定していることでしょう。

しかし、その「いくらまでならお金を使ってもいい」 という考えは大変危険です。今すぐに考えを改めるべきです。

そんな考えを持っていると、いつまでたってもお金は貯まりませんよ。

自分で浪費する金額を決めつけるな

まずそもそも、「いくらまでならお金を使ってもいい」と決めつけることは、

垂れ流してもいいお金の金額」を決めているのと同じです。

お風呂に例えると、蛇口からお湯をせっかくためているのに、お風呂の栓を少しなら開けてもいいと勝手に決めつけているのと同じですよ?

自分の将来のためや、自分が本当にほしいもの・やりたいことに100%お金を使わなければいけないにもかかわらず、しょうもないものにお金を使っている余裕なんて無いはずです。

さらに、浪費していい金額を決めつけているがゆえに、うまく浪費ができなかったときに「まだこのくらいのお金が使える…!使い切らなきゃ…!」と謎の強迫観念にとらわれてしまい、貯金・投資に回せるべきお金を自ら無理して投げ捨ててしまいがちです。

自ら捨てるお金の金額を決める。こんなアホなことってあります?

「お金を使わない」ことが賢い選択

  • 将来のためにお金を貯金・投資したい
  • どうしてもほしいものがある
  • どうしてもやりたいことがある
  • 海外旅行に行きたい

こんなことを少しでも考えているのであれば、1銭もお金を無駄せず、節約に努めるべきです。

そして、本気で節約に取り組む際に持ち続けてほしい理念は「お金を使わない」ということです。

あなたがお金を使わないだけで、予想しているよりもはるかに多い金額のお金が勝手に貯まっていきます。

くれぐれも、「いくらまでならお金を使ってもいい?」という謎理念を抱かないようにしましょう。

基本は貯める。そして使うときは使う。メリハリを持ってお金を使うべきです。

まとめ

稼いでいるんだから、お金は好きに使っていいでしょ!

と、まれに怒る人がいます。

もちろん稼いだお金をどう使おうが、もちろんその人の勝手です。

確かに買い物をばーーーっとしたり、好きなだけ飲み食いしたりすると、その瞬間はめちゃくちゃ気持ちいいでしょう。(長続きはしませんが。)

ですが、目先の欲求をぐっと我慢して節約に徹し、貯まったお金を投資するだけで、圧倒的にお金は増えていき、他の人よりも将来を有利に過ごすことができるかもしれないのです。

目先の快楽に溺れるのではなく、将来を見据えて行動しましょう。

今すぐ投資するべき理由&おすすめの投資先 >>