未分類

【FPが解説】iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)をざっくり簡単に解説!

iDeCo イデコ 個人型確定拠出年金 個人型DC 簡単に 解説 ざっくり わかりやすく

老後資産形成の1つの手段として近年注目が集まっている個人型確定拠出年金、通称「iDeCo」。

今回は、iDeCoの概要・特徴・メリットデメリット・加入できる人できない人・掛金の上限などについてざっくりと解説していきます。

老後 年金制度 老後に必要なお金 年金制度崩壊
老後資金2,000万円を貯めるため、今すぐ若者が始めるべきこと金融庁は3日、長寿化が進む人生100年時代において、金融資産の不足を生じさせないための提言を盛り込んだ報告書を取りまとめた。「これまでよ...

iDeCoとは?

iDeCoとは、超ざっくり言うと、つみたてNISAの年金版です。

つみたてNISA 解説 詳しく 紹介
【FP・元銀行員が徹底解説!】つみたてNISAって何? 「つみたてNISA」という言葉を聞いたことがあるという人は多いでしょう。 街を歩いていてもテレビを見てもニ...
  • 自分が選択した金融商品(投資信託または定期預金)に対して、
  • 自分で掛金を毎月拠出(積立投資)
  • 60歳〜65歳以降に引き出せる

といった、老後資金を構築することに特化した金融制度です。

iDeCoのメリット・デメリット

メリット

  • 掛金が全額所得控除

定期預金や投資にお金を突っ込んでも何も控除を受けることができませんが、iDeCoを利用すると掛金がなんと全額所得控除を受けることができます。

毎月1万円をiDeCoに拠出したと仮定すると、所得税10%・住民税20%の場合、年間2.4万円も税金が軽減されます。

  • 運用益が非課税

定期預金の利子や投資の配当金・売却益は20.315%もの税金がかかってきますが、iDeCoを利用するとその税金が全て非課税となります。

この点は、つみたてNISAと同じですね。

  • 引き出すときは公的年金等控除または退職所得控除が受けられる

60歳〜65歳になってiDeCoで運用していたお金を引き出す際、非課税になるだけではなく、公的年金等控除・退職所得控除のいずれかを受けることができます。

デメリット

  • 60歳〜65歳まで引き出せない

iDeCoは、定期預金や投資信託のように中途解約や掛金の中途引き出しはできません。

iDeCoに突っ込んだお金は60歳〜65歳になるまで引き出すことはできませんし、ずーっと運用が行われます。(投資先の変更は可能です)

  • 選択した金融商品によっては元本割れするリスクがある

iDeCoはあくまでも「投資」です。

iDeCoの投資先として定期預金を選択した場合は元本割れしませんが、投資信託を選択すると元本割れリスクが発生します。(その分増える可能性・確率もでかい)

iDeCoの利用(加入)条件

iDeCoを利用(加入)できる人ってどんな人?

国民年金に加入している人であれば、原則利用(加入)することができます。

  • 20歳以上60歳未満の国民年金第1号被保険者(学生・フリーランス・自営業者等)
  • 60歳未満の国民年金第2号被保険者(会社員・公務員等の厚生年金被保険者)
  • 20歳以上60歳未満の国民年金第3号被保険者(扶養を受けている主夫・主婦等)

iDeCoを利用(加入)できない人ってどんな人?

  • 農業年金被保険者
  • 国民年金納付免除を受けている人(原則不可)
  • 企業型確定拠出年金に加入している会社員(原則不可)

掛金はいくらからいくらまで?

掛金上限枠以内であれば月5,000円以上(1,000円単位)もしくは、年払いで自分で自由に設定することができます。(金額変更は年1回まで)(積立の停止・再開は随時OK)

掛金上限は国民年金の区分等によって以下のように異なります。

区分 掛金上限
第1号被保険者
(学生・フリーランス・自営業者等)
月6.8万円(年81.6万円)
※国民年金基金・国民年金付加保険料と同枠
第2号被保険者
(会社員・公務員等)
会社に企業年金無し 月2.3万円(年27.6万円)
企業型確定拠出年金(企業型DC)に加入済 月2.0万円(年24.0万円)
確定給付企業年金・厚生年金基金(DB)と企業型確定拠出年金(企業型DC)両方に加入済 月1.2万円(年14.4万円)
確定給付企業年金・厚生年金基金(DB)のみに加入済
公務員等
第3号被保険者
(主婦・主夫等)
月2.3万円(年27.6万円)

iDeCoってどうやったら利用できるの?

iDeCoは、対応している金融機関(銀行・証券会社等)で申し込みを行えば利用することが可能です。

あなたのメインバンクや、近所の金融機関がiDeCoを取り扱っていれば、そこで開設することをおすすめしていますが、手っ取り早く利用したいのであれば「ネット系金融機関」で申し込みを行うことをおすすめしています。各種手数料も安いし、Web上で完結!