未分類

【お金のプロが解説】今すぐ投資を始めるべき理由と、おすすめ投資先

学生向け 今すぐ投資を始めるべき理由 おすすめの投資先
社会人になったらバリバリ働くぞ!
  • 憧れの企業でバリバリ働くこと
  • 働ければならないと絶望している人

と、自分の将来を想像している学生は非常に多いと思います。

ですがその前にぜひ始めてもらいたいことが1つあります。

それは、投資です。

学生のうちから投資を始めると、将来において非常に役にたつ知識も得られますし、利益も得られる可能性があります。

というか、投資を始めないと非常にやばい時代が目の前まで来ているのです。

ただただ働くことに全力を注ぐ人は負け組となってしまいます。

 

今回は、学生のあなたが今すぐに投資を始めるべき理由などを解説し、オススメの投資先について紹介していきます。

今すぐ投資を始めるべき理由

ポジティブな2つの理由

投資を始めるべきポジティブな理由
  • 投資に関する税制優遇制度のメリットを最大限受けられる
  • 経済などの知識を手に入れることができる

投資に関する税制優遇制度のメリットを最大限受けられる

近年始まった税制優遇制度の多くは期間限定。今すぐに始めないとメリットが最大限受けられない。

通常、投資によって利益が発生した場合、その利益から20%程度の税金が引かれてしまいます。

ですが、利益から税金を取られること無く投資をすることができる制度が「NISA」などの制度です。

これらの制度の多くは、期間限定であり、今すぐにでもこの制度を利用して投資を始めないとメリットを最大限に受けることができません。

NISA ジュニアNISA つみたてNISA 違い 比較 解説 詳しく
【徹底比較】NISA・つみたてNISA・ジュニアNISAの違い NISAには3種類(NISA(無印NISA)・つみたてNISA・ジュニアNISA)があります。 その3種類はどれも...

経済などの知識を手に入れることができる

投資によってニュースを読む機会が増えるので、社会人としての教養が身につく。内定がもらえる可能性も跳ね上がる。

投資を始めることによって、経済などに対する興味・関心をほぼ100%持つようになります。

  • 日経平均株価はどんな感じなのか
  • 世界経済の先行きはどんな感じなのか
  • 特定の業界・会社の状況はどうなのか
  • 円の変動具合(円高/円安)はどうなのか
  • etc…

一人の社会人としてこういった情報・知識を身につけておかなければ、ナメられてしまいます

そうならないためにも、学生のうちから投資を始めて、経済などの知識・情報を身につけれる環境に身を投じておくべきでしょう。

また、そこで得た知識は就職活動に100%活用できます。憧れの企業から内定をもらうことも夢ではなくなるかもしれません。

ネガティブな4つの理由

投資を始めるべきネガティブな理由
  • 銀行にお金を預けても増えない時代が来た
  • 一生働き続けられるとは限らない時代が来た
  • 取られるお金の量が増えている
  • 自分の将来(老後)は自分で守らなければならない時代が来た

銀行にお金を預けても増えない

銀行預貯金の一般的な金利の変化状況

  • 普通預貯金:2%(1980年代末)→0.001%(2019年)
  • 定期預貯金:8%(1980年代末)→0.01%(2019年)

出典:https://www.invalance.co.jp/column/columnist/kazue_takayama/2-1/

100万円を1年銀行に預けると…、(税金・手数料等考慮なし)

  • 普通預貯金:102万円(1980年代末)→100万10円(2019年)
  • 定期預貯金:108万円(1980年代末)→100万100円(2019年)

ほとんど、お金が増えなくなってしまいました…。

かつて「銀行にお金を預けていればお金が増える」という常識がありましたが、それは遠い昔の話。

日本の銀行預貯金の金利は年々減少し続け、ここ最近はほぼゼロまで落ち込んでしまい、

銀行にお金を預けても、ほんの少ししかお金が増えなくなってしまいました。

銀行預貯金を利用して、少しでもお金を増やそうと考えているのであれば、金利の高い「ネット系銀行」を絶対に利用するべきです。

https://maneiz.com/highinterestrate-netbank/

一生働き続けられるとは限らない時代が来た

経団連・中西宏明会長「正直言って、経済界は終身雇用なんてもう守れないと思っているんです。どうやってそういう社会のシステムを作り変えていくか、そういうことだというふうに(大学側と)お互いに理解が進んでいるので」

出典:http://news.livedoor.com/article/detail/16343603/

日本の代表的な企業1,000社程度が集まって作られた組織「日本経済団体連合会(通称:経団連)」の会長が、終身雇用制度の終わりを告げました。

定年まで働き続けられない時代がやってきたため、

正社員になっても安定した給料を手に入れるのが難しくなってきているのです。

終身雇用制度崩壊 日本企業 株価 時価総額
【就活】終身雇用制度の崩壊&日本企業の凋落について【就職活動】 はっきり言います。 一生安泰な企業なんてありません。 一生安泰・安心な企業はありません 平成の30年間...

取られるお金の量が増えている

年金、健康保険料、消費税などの税金、物価…

強制的に徴収されるお金の量は、確実に増えてきている。

ここ30年で、

  • 国民年金保険料は月額8,410円上昇(倍以上上昇!!)
  • 健康保険料率は1.6%程度上昇
  • 消費税は8%上昇(というか、30年前は消費税がなかった)
  • その他各種税率も上昇

と言う悲惨な状況です。

一応、2012年12月〜2019年にかけては好景気だと言われており、給料(人件費)も上がっては来ているみたいですが、それにより物価が高騰(インフレ)し、給料の増加幅が低いほとんどの人にとっては出費が増える一方になってきています。

昔100円で売っていたアイスクリームなんて、今や150円以上します。物価の上がり具合が強烈ですね…。

投資をしてお金を増やそうと行動しなければ、あなたはお金を取られっぱなしです。

自分の将来(老後)は自分で守らなければならない時代が来た

  • もらえる年金の額は確実に減っているし、もらえない可能性もある
  • もらえる退職金も確実に減っているし、もらえない企業もある

年金・退職金がアテにならない時代が来ている

すでに公的年金制度は受給開始や納付期間の年齢がどんどん引き上げられる一方、将来、きちんと受け取れるのかも分からなくなっている。政府が強調する「100年安心」なんて言葉だけ。本年度以降、国保料の大幅引き上げも始まるが、今の政府は国民からカネを搾取することしか考えていない。

出典:https://www.excite.co.jp/news/article/Gendai_536480/

厚生労働省「就労条件総合調査」は約5年ごとに退職金に関する調査を実施している。それによると、大卒者の定年退職者(勤続20年以上かつ45歳以上)の退職金の平均額は、1997年の2871万円をピークに下がり続け、2017年は1788万円と20年間で1083万円も下がった
これはあくまで退職金を受けた人の平均額だが「退職金制度がない」という企業も増えた。退職金制度がない企業は93年には8.0%だったが、17年には19.5%に拡大している。規模が小さい企業ほど制度がない割合は高くなる。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190420-00000014-mai-bus_all

年金・退職金がアテにならない時代がもう目の前までやってきているのです。

あなたたちが老後を迎えたとき、年金はもらえないかもしれません。もらえたとしても、今よりも確実に少ない金額になっているでしょう。

また、企業に勤めていたとしても、自分が退職するときにもらえる退職金は、今よりも確実に少ない金額になっているでしょう。というかそもそも退職金が無いかもしれません。

つまり、年金・退職金だけでは老後生きていけない可能性が非常に高くなっているのです。

それを避けるためにも、投資をして、自分が稼いだお金を更に増やして、将来のために備えることが絶対必要なのです。

老後 年金制度 老後に必要なお金 年金制度崩壊
老後資金2,000万円を貯めるため、今すぐ若者が始めるべきこと金融庁は3日、長寿化が進む人生100年時代において、金融資産の不足を生じさせないための提言を盛り込んだ報告書を取りまとめた。「これまでよ...

投資をすれば手に入れられる5つのこと

配当金(お金)

投資をして、株や投資信託などを購入すると、「配当金」をもらえます。

もらえる金額は、その会社や投資信託の利益によって左右されますが、大抵の場合は、銀行にお金を預かるよりも圧倒的に多くのお金を配当金として比較的安定的に貰うことができます。

銀行にお金を預けて腐らせておくよりは、少しでも投資にお金を回して、利益を得たほうが10000倍マシです。

株主優待券

株に投資をすると、その投資先の企業から配当金だけではなく「株主優待券」を貰うことができます。

株主優待券には次の通りいろんな種類があります。

  • 自社の商品〇〇%オフ
  • 自社のサービス〇〇回無料
  • 商品券〇〇円
  • etc…

たとえ配当金が少なかったとしても、株主優待券を貰うだけで十分な利益を手に入れることができるのです。

株・投資信託などの売却益

基本的には、株価(基準価格)が低いときに株や投資信託などを購入して、高いときに売ると、その金額の差が丸々利益として手に入れることができます。(別途税金・手数料はかかります)

安いときに株や投資信託を購入して、値段が上がるまで配当金や株主優待券をもらい続け、値段が高くなったら売る。

これが、投資で儲けるための大原則です。

企業の議決権

投資によって株を持てば、あなたは「株主」と呼ばれる立場になります。

あまり知られていませんが、「株主」になると、その会社の社長(役員)よりも上の立場になることができ、あなたがその会社の経営方針に口出しをすることができるようになります。

そして、株主総会に参加することができ、あらゆる議題に対して意見を投票することができる「議決権」を手に入れられることができます。

また、株を大量に持つと、その会社の経営権も支配できるようになります。

経済などの知識

先ほども説明しましたが、投資をすることによって否が応でも経済などの知識を手に入れることができるようになります。

なぜなら、経済などのニュースをチェックしていないと、投資で利益を出すことは難しいからです。

  • 世界経済の先行きが見えないな… → 持ってる株を先に売って利益を確定しておこう
  • 〇〇企業が倒産した!? → 持ってる株の企業の経営にも影響がありそうだから先に売っておこう
  • △△が大ブーム! → この企業の株価は高まるはずだから、今のうちに買っておこう
  • etc…

このように、収集した情報・知識に基づいて、投資行動を行わないと

何もしなくても勝手にほんの少しずつお金が増える銀行預貯金とは勝手が違います。ですが、投資は上手く立ち回ることによって圧倒的な利益を手に入れることができるのです。

はじめての投資におすすめの投資先

投資商品・サービスは年々拡大し、今では様々な

この記事では、投資未経験者・初心者向けに「比較的ローリスクでギャンブル性の低い一般的な投資商品」を紹介していきます。

個別株(現物投資)

  • お気に入りの(応援したい)企業がある
  • お気に入りの国・業界・指数(平均株価など)がある

という人にオススメなのが、「個別株(現物投資)」への投資です。

一番オーソドックスな投資です。

自分がお気に入りで、これから先いい感じに伸びていきそうな企業がある!と明確に思っているのであれば、ぜひその企業の株を購入することをおすすめします。

また、企業ではなく指数(日経平均株価、ダウ平均株価など)に連動した株もあります。個別の企業ではなく経済全体を読んで投資をしたいと思っているのであれば、ぜひその株を購入することをおすすめします。

「個別株」に投資できるおすすめの証券会社ランキング >>

信用取引(先物取引)と呼ばれる個別株の取引は、ハイリスク・ハイリターンな投資商品のため、はじめての投資におすすめしていません。

投資信託(ファンド)

  • とにかく「いい感じ」に投資をしたい!
  • 株価とかよくわからないけど、投資を始めたい!

という人にオススメなのが、「投資信託(ファンド)」への投資です。

投資信託とは、「株の詰め合わせセット」だと思ってください。

投資信託 ファンド 解説 詳しく 説明
【FP・元金融機関職員が解説!】投資信託・ファンドって何? CMなどの広告で、しきりに「投資信託」というワードが流れています。 どうやら投資の一つなんだろうけど、よくわからない…。と...

投資信託を購入すると、あとはプロの人(投資運用会社)が勝手に株の売買をしてくれて、いい感じに基準価格(≒株価)が変動していきます。

細かな企業の株をいちいち売買する必要がなく、ざっくり大枠で投資をすることができるのが最大のメリットです。

「投資信託」に投資できるおすすめの証券会社ランキング >>

ロボアドバイザー

  • 細かいことは分からない!けど、とりあえず投資を始めたい!
  • 株や投資信託の売買が面倒くさそうだし、怖いかも…
  • 投資?めんどうくせええええええ〜〜〜!

という人にオススメなのが、「ロボアドバイザー」と呼ばれる投資商品です。

ロボアドバイザーとは、リスク許容度の数値(あなたがどこまでハイリスク・ハイリターンもしくは、ローリスク・ローリターンで投資したいかのレベルのようなもの)を設定するだけで、あとは勝手に株や投資信託の売買を全自動でやってくれる投資商品です。

なので、自分で株価や投資信託の基準価格などをチェックして、それに合わせて投資行動をおこさなくてもいい。投資の方向性だけを決めて放置することができる投資商品です。

とにかく簡単で、基本的に何もしなくていいと言うのが最大のメリットです。

ロボアドバイザーって何?おすすめは??