未分類

日本株は長期ほったらかし投資・投資初心者に向いていない相場だ!

日本株 日本株式 個別株 日経平均株価 TOPIX 投資初心者向き 長期投資 ほったらかし投資

日本人が投資を行うときに、ほとんどの人が

日経平均株価やTOPIXといった日本の株式指数や、日本企業の個別株

を選択肢にあげるでしょう。

しかし、日本はバブル崩壊以降株価がずーーーーーーっと低迷しています(一瞬アベノミクスで持ち直しましたが…)。なので、投資して放置していると場合によっては含み損を受ける可能性が非常に高く、株価の動きを見て短期投資を行わないといけないという初心者には不向きな相場だと言えるでしょう。

短期投資なんて面倒で嫌だ!と思っているひとは、日本株ではなく他の株式市場の株式指数や個別株投資を検討するべきでしょう。その方が圧倒的に初心者向きですし、長期投資にも向いています。

「右肩上がり・成長している株式指数・個別株」を選択すれば、長期ほったらかし投資ができる

株価が右肩上がりの株式市場に属している企業の株価は、同じように株価が上昇し続けている可能性が非常に高いです。

なので、株価が右肩上がりの企業の株は一度購入したらずーっと持っておくだけで含み益がガンガン増えていくので、長期投資に最適な株であると断言できます。

現物株 投資信託 中長期投資 不労所得
【不労所得】楽して稼ぎたいなら「株式・投資信託の中長期投資」一択 探せば、楽して稼げる仕事を見つけることができるかもしれませんが、 結局は「労働」ですよね?働きますよね?? 本当に楽...

株価が低迷している株式市場・個別株であれば、頻繁に売買する「短期トレード」をしなければトータルの利益をプラスにするのは困難です。株価が下がったら買って、上がったら売る、逆に下がりすぎても売らなければならない。さらに、株式を売却するたびに税金が徴収されていく。

基本的にデイトレードなどの短期トレードは勝てないということも知っておくべきでしょう。

https://maneiz.com/daytrade-possibility/

また、株価が右肩上がりの株式市場・個別株であれば、頻繁に株価をチェックしなくてもいいというメリットがあります。

株価が低迷している企業であれば、毎日の株価をチェックし、「上がれば売る」「下がれば買う」「下がり過ぎたら売る」を日々実践していく必要があります。

そのため、毎日投資判断を下さないといけないという強烈なストレスを抱えて生活を送らなければならず、仕事・勉強中にも関わらず株価が気になって何も手につかなくなってしまう可能性も出てきます。

それであれば、株価が右肩上がりの国・個別株への投資を行って、ほったらかし投資を行い、ストレスを軽減させるべきでしょう。

https://maneiz.com/stock-price-distract/

アメリカとインドは株価が右肩上がり(リスクもあるよ)

じゃあ、どの国の株式指数・個別株を購入するべきなのか?

国別の主要株式指数を次の通りまとめました。↓

国別主要株式指数(月間終値)(2000年1月〜2019年7月)

ずっと右肩上がりで成長している株式市場は、アメリカとインドくらいです。

それ以外の株式市場は基本的にずっと低迷しており、株価も横ばいです。日本の株式市場も低迷している株式市場の1つです。

アメリカ・インドの株式指数やその国で順調に成長している企業の株であれば、基本的に購入してずーっと放置していても含み益がガンガン増えていきます。しかし、低迷している国の株式指数や企業の株を購入すると短期トレードでガンガン売買しないと含み損を抱える可能性が非常に高いです。

気楽に、かつ確実に利益を追求して投資をしたいのであれば、アメリカ・インドの株式指数や個別株の購入を検討するべきでしょう。

https://maneiz.com/usstock-exchange-underfee-free/

外国株式には、為替リスクやカントリーリスク、また割高な購入手数料が発生する場合があります。外国株式への投資を行う際はこういった点を留意くださいますようおねがいいたします。投資は自己判断でお願いします! 

まとめ

株価が低迷している株式指数・企業にいくら投資をしても、短期トレードで頻繁に株を売り買いしなければ利益を伸ばすことはできません(というか基本的に勝てない)し、それに伴ってストレスも発生します。

であれば、株価が基本的に右肩上がりの株式指数・個別株に投資をして長期でほったらかし投資をしたほうが効率的な投資ができます。

低迷している日本株で消耗するくらいなら、多少リスクはありますがアメリカやインドといった株式指数・個別株を選択するのもありかもしれません。ぜひご検討ください。

学生向け 今すぐ投資を始めるべき理由 おすすめの投資先
【お金のプロが解説】今すぐ投資を始めるべき理由と、おすすめ投資先 憧れの企業でバリバリ働くこと 働ければならないと絶望している人 と、自分の将来を想像している学生は非常に多いと思...