未分類

老後資金2,000万円の公表は、日本経済破綻のトリガーとなる!?

老後資金 年金破綻問題 年金 日本経済

「老後資金2,000万円」の公表は、

日本経済破綻のトリガーとなりそうですね…

実質的な貯金・節約推進は日本経済にとって最悪のアナウンス

金融庁が公表した報告書で発生・大炎上した「老後資金2,000万円問題(年金破綻問題)」。

現在、政権を持っている自民党がこの報告書を受理しなかったり、なかったものにしようとしたり、火消しに追われています。

夫婦の老後資金として「30年間で約2000万円が必要」との試算が盛り込まれた金融庁の報告書について、自民党の森山裕国対委員長が「この報告書はもうなくなっている」と発言したことに対し、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で波紋が広がっている。(中略)この報告書を巡っては、麻生太郎副総理兼金融担当相が11日の閣議後記者会見で、「政府の政策スタンスと異なっており、正式な報告書として受け取らないことを決定した」と述べ、受け取りを拒否する意向を示していた。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190612-00000103-mai-pol

まあ、受理しなくてもなかったものにしても、一度公表された事実は変えられないんですが…公文書ですし…

ともあれ、この公表によって私たちは「老後資金2,000万円」を全力で構築しなければなりません。

金融庁はこの報告書内で「投資による資産形成・資産運用」を強く推進しています

が、

多くの人は、投資に対して知識不足ですし、「投資は悪だ!」という妙な固定概念を持っているため、このような状況になっても投資をやらない人が極めて多いでしょう。

投資 ギャンブル 違い 投機 借金 損する 地獄
「投資はギャンブルと一緒。借金背負う。」←は?馬鹿すぎワロタww 「投資はギャンブルだ!借金背負って人生めちゃめちゃになるぞ!!」 と脅してくる人は、間違いなく投資の意味も理解せずイメージ...

そのため、多くの人は投資ではなく「貯金・節約」に走ってしまうでしょう。

日本国民の多くが今以上に貯金・節約に走ると、日本経済は次のような最悪のスパイラルに突入していきます。

  1. 国民が貯金・節約に走る
  2. 消費・浪費が落ち込む
  3. 企業などの売上が減り、利益が低迷する(株価・景気悪化)
  4. 利益確保のために、人件費(給料)をカットする
  5. 給料が減った国民は、さらに貯金・節約に走る
  6. さらに消費・浪費が落ち込む 
  7. 企業などの売上・利益がさらに落ち込む(株価・景気がさらに悪化)
  8. 利益確保のために、人件費(給料)をさらにカットする
  9. ⑤に戻る

好景気や高い給料は、日本国民の「消費・浪費」があって初めて成り立ちます。

今回の実質的な貯金・節約推進は、日本経済を悪化させる最悪のアナウンスだったと言わざるを得ないでしょう。

老後資金2,000万円を構築するためにしなければならないこと

私たちが老後資金2,000万円以上をサッサと構築するために、私たちには

無駄な支出を徹底的に削って貯金をする。そしてその貯金の一部を投資に回す。

ということが求められます。

自分の老後は自分で守らなければなりません。なりふりかまっている場合ではないのです。

国全体の経済は、国、官僚、経済学者、有識者でどうにかしてください。

老後 年金制度 老後に必要なお金 年金制度崩壊
老後資金2,000万円を貯めるため、今すぐ若者が始めるべきこと金融庁は3日、長寿化が進む人生100年時代において、金融資産の不足を生じさせないための提言を盛り込んだ報告書を取りまとめた。「これまでよ...

まとめ

私たちは将来のために、

  • 節約
  • 貯金
  • 投資

の3つを徹底的に行わなければなりません。

年金デモしたって、政権批判したって「老後資金2,000万円必要」という事実は変えられません。

自分の老後は年金だけでは不十分です。自分自身で守らなければなりません。

今すぐ投資を始めるべき理由&おすすめの投資先 >>