未分類

彼女ではなく結婚相手が欲しい男性は、軽自動車に乗るべき3つの理由

軽自動車 モテる 車 モテない ダサい 女子受け 女性受け おすすめ
結婚を見越した彼女が欲しいなぁ…

もし結婚を渇望しているあなたが地方住みなどで、車を持っている場合、

今すぐにでも、普通車から軽自動車に乗り換えることをおすすめします!

今回は、彼女ではなく結婚相手が欲しい男性は、軽自動車に乗るべき3つの理由について解説していきます。

https://maneiz.com/car-cost/

この記事でわかること(要約)
  • 軽自動車に乗ることで、金目的の女性が寄ってこない
  • 軽自動車に乗ることで、車に対する興味が薄れる
  • 軽自動車に乗ることで、将来に向けて確実に貯金ができる

彼女ではなく結婚相手が欲しい人は、軽自動車に乗るべき3つの理由

金目的の女性が寄ってこない

金目的の女性を「軽自動車フィルター」で取り除くことができる

男女が平等に働ける社会が少しずつ構築されつつある現代ですが、未だに男女の雇用形態・平均賃金に差があります。

さらに、未だに「男はATM」「年収1,000万円以上の男としか結婚しない」「結婚した後は専業主婦になりたい」とかわけのわからないことを言っている女性も数多く存在します。(特に婚活に全力投球している層に多いw)

さらにさらに、女性はなぜか男性(恋人・夫)の年収を武器に、周囲の女性に対してマウントを取ったりするという何の利益にもならないようなことを未だに平然とやっています。

さらにさらにさらに、結婚適齢期と言われている30代前後のアラサー女子のほとんどはまともに貯金すらしていないという悲惨な始末。

アラサー 貯金 30代 どのくらい貯金
働くアラサー女性4割が貯金50万円以下!「自分へのご褒美」の弊害株式会社宝島社が、30代前後の働いている女性1,000人に対して実施した調査にて、働いているアラサー女性の約40%が貯金50万円以下であ...

こういった女性に引っかかってしまうと、男性であるあなたは一生奴隷のように働かさせられ、女性にお金を全て吸い取られてしまいます。(クッソ高いランチ代やブランドバック代、コスメ代、旅行代…)

そういった女性を避けて婚活(に向けた彼女づくり)をするためには、「軽自動車に乗る」ことでフィルターをかけることができます。

金目的の女性の多くは「軽自動車=貧乏人の乗り物」と認識しており、軽自動車に乗ることでそういった女性にひっかからずにすむかもしれません。

内面で勝負ができるようになる

車や車の価格を武器にしていては、いい結果が得られない

車が趣味な男性は、スポーツカーや高級車、外車などを改造して乗り回しています。

そのため、「このクルマかっこいいだろ?俺金持ちなんだぜ??」と自分の内面・外見ではなく、なぜか車や車の価格を武器にして婚活をしがちです。

車を武器にして婚活(に向けた彼女づくり)をしていると、自分自身をアピールすることを怠ってなぜか車をアピールしがちですが、女性の多くは車自体に興味がない人が非常に多いです。

また、車の価格を武器にして婚活(に向けた彼女づくり)をしていると、先程紹介した「金目的の女性」がウヨウヨと寄ってきて、結婚した後の生活が非常に悲惨になってしまう可能性が跳ね上がります。

こういった事態を避けるためにも、軽自動車に乗り換えて、車・車の価格といった何のメリットもない武器を捨てましょう。そして、自分の内面・外見で正々堂々勝負しましょう。

将来に向けて堅実に貯金ができる

軽自動車は普通車よりも維持費等が安い

  • 婚約・結婚指輪の費用
  • 結婚式の費用
  • 結納の費用
  • 引っ越しの費用
  • 家具家電の費用
  • 子育ての費用
  • etc…

結婚生活以降は、あれこれお金が必要になってきます。

なので、独身時代にお金を散財しまくっていると、いざ結婚となったときにお金が足りない!なんていう悲惨な状況に陥りがちです。

であれば、結婚に向けて独身時代からコツコツとお金を貯めるためにも、維持費などの安い軽自動車に乗り換えましょう

さらに、軽自動車に乗り換えることで、車に対する興味が薄れて車の改造などもしなくなり、さらに節約をすることができるようになるかもしれません。

軽自動車に乗り換えるだけで、車にかかる支出が圧倒的に減り、より多くの貯金ができるようになります。

https://maneiz.com/car-cost/

まとめ

車ははっきり言って金食い虫ですし、金食い女性をおびき寄せるエサにもなります。

本気で婚活(に向けた彼女づくり)を始めたいのであれば、さっさと軽自動車に乗り換えて、堅実に貯金を始めていきましょう。

…まあ、車なんて乗らないのが一番いいんですがねw

貯金をしたいなら絶対、ネット系銀行! >>