考え方

思い出・捨てれない物は写真化(デジタル化)して、処分しよう。

【思い出の品 思い出の物 捨てられない物 デジタル化 写真化】ミニマリスト ミニマリズム シンプリスト シンプリズム

卒業アルバムや、卒業文集、表彰状、合格証書、旅行先のお土産、写真…

こういった思い出の品や、どうしても捨てられない物の置き場所に困っているミニマリスト・シンプリストも非常に多いでしょう。

そんな、思い出の品・捨てられない物をなんとかしたい!!という人におすすめなのが、「デジタル化」です。

今回は、思い出・捨てられない物をデジタル化して、実物を処分するべき理由について説明していきます。

(結論)思い出・捨てれない物は、スマホで撮影してデジタル化するべき

先に結論を言います。

思い出の品や、どうしても捨てられない物は全て、スマホで撮影して写真化(デジタル化)するべきです。

スマホ撮影

卒業アルバムや、卒業文集、表彰状、合格証書、旅行先のお土産、写真…

こういった物は現物を持っていても自分の自尊心を満たしてくれるだけで、それ以外にメリットはありません。なので、どんどんスマホで撮影して写真化(デジタル化)していきましょう。

思い出・捨てれない物を「デジタル化」するべき理由

「思い出スペース」を圧縮できるから

はっきり言って、思い出の物はめちゃくちゃ場所を取ります

なので家に「思い出スペース」なるものを確保している人も多いはずです。

ですが、そういった思い出の品を写真にとってデジタル化するだけで、「思い出スペース」を削減することができ、すっきりした部屋を作り上げることができます。

部屋の物や持ち物を減らしたいというミニマリスト・シンプリストは絶対に思い出・捨てられない物をデジタル化するべきでしょう。

いつでも思い出を見返せるから

思い出の品やどうしても捨てられない物を捨ててしまったら、思い出がなくなるじゃん!!

と思っている人も多いでしょうが、デジタル化してしまった方が圧倒的に思い出を見返すことが容易になります。

卒業アルバムを例に挙げてみましょう。

あなたが「学生の頃の思い出を振り返ろう!」と考えた時、上で説明した「思い出スペース」からやっとの思いで卒業アルバムを引っ張り出してきて、該当のページを探さなければなりません。しかも、実物がないとだめなので必然的に家でしか思い出を振り返ることができません。

しかし、思い出をデジタル化してクラウドサービス(Google DriveやGoogleフォト、iCloudなど)にアップロードさえしておけば、手持ちのスマートフォンでいつでもどこでも思い出を振り返ることができます。

わざわざ実物を持っている方がデメリットなんです。

まとめ

思い出の品やどうしても捨てられない物に困っている人は、ぜひスマホなどで撮影して写真化(デジタル化)しましょう。

そうすることで、「思い出スペース」を一気に削減できるだけではなく、より思い出を振り返りやすくなります。はっきり言ってメリットしかありません。