未分類

【FPが提案】「無駄使い帳」を作ろう!ゴリゴリ節約できるぞ!

無駄使い帳 無駄遣い帳 むだづかい帳

老後資金2,000万円問題から始まり、消費税増税終身雇用制度の崩壊など、

現代の日本の先行きは真っ暗であり、私たちは自分自身で生活を守らなければなりません。

自分たちの生活を守るため、まずは「節約」を始めて支出をとにかく減らすことが最も大事であり、その中でも特に「無駄使い」をとにかく極小化するべきだと考えています。

しかし、普段の無駄使いが一体どのくらいの金額なのか、計算したことがある人は少ないと思います。

そこで今回私は「無駄使い帳」というものを提唱し、より効果的な節約を始めることを提案します。

「無駄使い帳」とは?

「無駄使い」で買ったもの、金額をメモするノート・表。

「無駄使い帳」に記入する内容とは?

無駄使い帳は家計簿と違い、日々の支出を記入する必要はありません。

とにかく自分が無駄使いしたと思った買い物・金額・日付を記入するだけでOKです。

そしてそれを月単位で集計することにより、自分がどれだけ無駄使いしているのかということを明確にすることができます。

【無駄使い帳に記入するべき買い物の基準例】

  • コンビニでの買い物
  • 生きるために必要ではない物を買った時
  • 嗜好品(酒・タバコ)
  • 趣味のお金
  • ギャンブル 

自分に厳しく基準を定めよう。

「無駄使い帳」記入例

日付 買い物(支出先) 金額
7月1日 コーヒー(コンビニ) 100円
7月3日 6,000円
7月20日 パン(コンビニ) 350円
7月計 6,450円

紙のノートに記入してもいいですし、スプレッドシート(Excel)などに記入していってもいいです。ご自由にどうぞ。

節約したければ、家計簿よりも「無駄使い帳」をつけろ!

家計簿を毎日コツコツつけていたとしても、手間がかかりますし、ぶっちゃけ面倒くさいし、そしてなにより「無駄使い」の買い物だけをサクッと抽出することが困難です。

なので、家計簿をつけていても直接的に節約には繋げられないと考えています。

家計簿 節約 貯金 不要 必要性
【FPが解説】節約するだけなら家計簿は不要だと思う3つの理由 しばしば、家計簿をつけるだけで節約できる的な考えを持っている人が多いですが、 家計簿つけるだけでは節約できませんよ?? ...

(家計簿を全否定しているのではなく、資金管理のためであれば家計簿は効果的だと思っています。)

そこで、今回紹介した「無駄使い帳」をつけることで、いかに自分が無駄使いをしているかということを明確に証明することが可能であり、より効果的・効率的に節約をすることができます

 まとめ

節約を始めたければ「無駄使い帳」をつけていきましょう!!

より効率的・効果的に節約をすすめることができます。

学生向け 今すぐ投資を始めるべき理由 おすすめの投資先
【お金のプロが解説】今すぐ投資を始めるべき理由と、おすすめ投資先 憧れの企業でバリバリ働くこと 働ければならないと絶望している人 と、自分の将来を想像している学生は非常に多いと思...