未分類

「投資はギャンブルと一緒。借金背負う。」←は?馬鹿すぎワロタww

投資 ギャンブル 違い 投機 借金 損する 地獄
「投資」ってギャンブルと一緒って聞いたんだけど…借金まみれになるの…???

「投資はギャンブルだ!借金背負って人生めちゃめちゃになるぞ!!」

と脅してくる人は、間違いなく投資の意味も理解せずイメージだけで語っているおバカさん であり、きちんと投資をやったことがない人でしょう。

今回は、投資に対するあなたの間違ったイメージをぶち壊し、なぜ今投資を始めないといけないのか?ということについて解説していきます。

投資とギャンブルは別物

  • 「投資」は、将来を見込んで中長期的にするもの
  • 「投機(ギャンブル)」は、目先の利益のみを追求した・単発・ハイリスクハイリターンなもの

「投資」と「投機(ギャンブル)」は人によって定義づけが異なりますので、まずは言葉の定義を画一化していきます。

投資」とは、将来性(株価・価値の値上がり)を見越して中長期的に行うマネー・ゲームと定義します。具体的に次のような金融商品などが該当すると考えています。

  • (現物)株式投資
  • (現物)投資信託
  • (現物)金
  • 不動産

 

次に「投機(ギャンブル)」とは、目先の利益だけを追求して、単発で終わらせたり、ハイリスク・ハイリターンなもの、レバレッジ(投資金額を倍以上に膨れ上がらせる)をかけたマネー・ゲームと定義します。具体的に次のような金融商品などが該当すると考えています。

  • パチンコ・スロット
  • 競馬・競艇
  • FX
  • 仮想通貨
  • バイナリーオプション
  • (信用)株式投資

 

つまり、「投資」は将来を見込んだものであり、「投機(ギャンブル)」とは性質がかなり異なるのです。

普通に投資してても借金を背負うことはない

借金を背負うのは、「信用取引」「レバレッジ」のせい

普通に投資をしても、元本割れ(投資したお金の一部もしくは全額損する)などのリスクはあるといえど、借金を背負うことは100%ありません。

しかし、「投機(ギャンブル)」の中には、借金を背負ってしまう可能性がある商品(手法)があります。

それが、「信用取引による投資(投機)」「レバレッジを用いた投資(投機)」です。

こいつらのせいで「投資=ギャンブル=借金」というわけのわからない悪いイメージが定着しているのです。

株の現物取引

  • A社の株を、株価5,000円のときに100株買った。(50万円投資)
  • 株価が5,000円から10,000円に上がった → 資産価値100万円(+50万円)
  • 株価が5,000円から500円に下がった → 資産価値5万円(5万円の損失)

株の信用取引

  • 信用取引の担保として10万円証券口座に入金する → 33万円分(約3.3倍)の投資が可能になる
  • A社の株を、株価1,000円のときに300株買った(30万円投資…実際には10万円分のお金しか出していない)
  • 株価が1,000円から3,000円に上がった → 資産価値90万円(80万円の利益)
  • 株価が1,000円から500円に下がった → 資産価値15万円

 

つまり、「信用取引」「レバレッジ」さえ避ければ、借金のリスクなく投資をすることができます。

まとめ

日本は昔から「投資<貯金」という考えを持っている人が多く、「投資=ギャンブル」という間違ったイメージを持っている人が多いです。

ですが、銀行預貯金金利がほぼ0%という壊滅的な状況になっている現在、私たちは「投資」を始めなければ生き残っていけない時代がやってきているのです。

いつまでも「投資=ギャンブル」という時代遅れな妄言に付き合っていてはいけないのです。

今投資を始めるべき理由&おすすめの投資先 >>