未分類

【FPが解説】「利上げ・利下げ」について世界一簡単に解説!

利上げ 利下げ 政策金利 金融緩和 金融引き締め

ニュースを見ていると、たまに「利上げが〜」「利下げが〜」という言葉を耳にするかと思います。

しかし、ほとんどの人は「利上げ・利下げ」という単語の意味がわからず聞き流しているでしょう。

しかし、この「利上げ・利下げ」は、経済を理解する上で絶対に知っておかなければならない言葉ですし、この言葉を知っていれば今後好景気になるのかどうなのか(株価が上がるのかどうなのか)ということを分析することができます

今回は、「利上げ・利下げ」という言葉の意味について、ざっくりと分かりやすく解説していきます。

金利の利上げ・利下げとは?

金利の利上げ・利下げとは、国の政策金利を上げるか下げるかという「金融政策」の1つです。

中央銀行(国)は、国の経済状況をコントロールし、国全体が安定的に運営・活動できるようにしています。

好景気すぎるぞ!このままいけば物価が上がりすぎてヤバイことになる!と判断すれば「金融引き締め政策」の一環として「利上げ」を実施することがあります。

反対に、不景気すぎてヤバイなあ…好景気にしたいなぁ…と判断すれば「金融緩和政策」の一環として「利下げ」を実施しすることがあります。

国債利上げで株価が下がり、国債利下げで株価が上がる

基本的に、政策金利と株価は逆の動きをすると言われており、

利上げをすれば株価は下がり、利下げをすれば株価は上がる

と言われています。

「利上げ」すると株価が下がる理由(一般論)
  • 利上げで、国債(国の借金)がお得に買えるから、株から国債に乗り換える人が多くなる
  • 利上げで、銀行の預貯金金利が上がってお得になるから、株を売って預貯金に預ける人が多くなる
  • 利上げで、円の価値が上がって円高になる
  • 利上げで、銀行の融資金利が上がるから、銀行からお金を借りている企業の業績が下がる
利上げ 金融引き締め 政策金利
「利下げ」すると株価が上がる理由(一般論)
  • 利下げで、国債(国の借金)がお得に買えなくなるから、国債から株に乗り換える人が多くなる
  • 利下げで、銀行の預貯金金利が下がってお得じゃなくなるから、株を買って儲けようとする人が多くなる
  • 利下げで、円の価値が下がって円安になる
  • 利下げで、銀行の融資金利が引き下げられ、企業が積極的にお金を借りれるようになって事業拡大する
利下げ 金融緩和 政策金利 国債金利

まとめ

というわけで、「利上げ」「利下げ」という言葉の意味について解説し、「利上げ」「利下げ」によって経済にどのような影響があるのかということについて解説しました。

「利上げ」「利下げ」という言葉を知っているだけで、経済の流れがなんとなく理解できますし、投資行動にも活用することができます。

…ですが、実際には「利上げ」「利下げ」をしたからといって、経済がそのとおりに動くとは限りませんし、急激に動くとも限りませんので、ご注意ください。

学生向け 今すぐ投資を始めるべき理由 おすすめの投資先
【お金のプロが解説】今すぐ投資を始めるべき理由と、おすすめ投資先 憧れの企業でバリバリ働くこと 働ければならないと絶望している人 と、自分の将来を想像している学生は非常に多いと思...