未分類

「自分へのご褒美」は貧乏のもと!今すぐやめるべき3つの理由

自分へのご褒美 自分へのプレゼント おすすめ 節約
今週も一週間がんばった〜〜!!がんばった「自分へのご褒美」としてマッサージに行こうっと♡

仕事が一段落ついたり、目標にしていたことが達成できたりすると、しばしば、自分で自分を褒め称えるために「自分へのご褒美」をあげている人をよく見聞きします。

ですが、ときに「自分へのご褒美」によって貯金ができない人が一定数いることをご存知でしょうか?

「自分へのご褒美」は、貧乏・貧困の根源であり、今すぐにやめるべき習慣です。

今回は、「自分へのご褒美」を今すぐにやめるべき3つの理由について説明していきます。

「自分へのご褒美」をやめるべき3つの理由

貯金ができないから

「自分へのご褒美」をし続けていると、いつまでたっても貯金ができません。

自分へのご褒美♡

って、自分を甘やかし続けているから、いつまでたっても貯金がたまらないんだよ

とあるデータによると、働いている30代前後の女性の半分以上は「自分へのご褒美」を与え続けており、その影響もあり約40%が貯金が50万円以下という悲惨なデータがあります。

アラサー 貯金 30代 どのくらい貯金
働くアラサー女性4割が貯金50万円以下!「自分へのご褒美」の弊害株式会社宝島社が、30代前後の働いている女性1,000人に対して実施した調査にて、働いているアラサー女性の約40%が貯金50万円以下であ...

「宵越しの金は持たぬ!!」と言って、稼いだお金はを稼いだ分だけ使ってしまうのは、非常にまずいお金の使い方です。

将来の人生のためや、もしも何かがあったとき(入院・結婚式招待・介護…)のときのために必ず貯金しておくべきです。

ただの無駄使いだから

「自分へのご褒美」のほとんどは、将来につながらないただの無駄使いです。

自分へのご褒美♡

って、高い服買ったり、高いコスメ買ったり、マッサージ・エステ行ったり…

それって、ただの無駄使いです。

確かに、労働のモチベーションを保つために「給料が入ったらほしいもの・やりたいこと」を設定しておくのは1つの手段かもしれません。

ですが、行き過ぎた設定や、無計画な自分へのご褒美は、ただの無駄使いです。

別にブランドものの高い服を買わなくても十分生活を送ることができますし、マッサージやエステにわざわざ通わなくても自分でやればいいし。(そもそもエステって完全な自己満足。)

給料が入った!!と言って、将来に何もつながらないようなお金の使い方をするのは非常にまずいです。

浪費癖がつくから

「自分へのご褒美」をあげ続けていると、習慣化し、浪費するお金が増えていきます。

自分へのご褒美♡

って、自分にプレゼントを与え続けていると、それが当然のことだと無意識に勘違いを起こし、習慣となり、満足度がどんどん逓減していきます。

逓減していく満足度を引き上げるためにも、金額・頻度がどんどんエスカレートしていき、浪費が激しくなるでしょう。

そして、その浪費に快感を感じるようになると、別の場面でもどんどん浪費をし始め、取り返しがつかない状況に陥ってしまう可能性があります。

このように、「自分へのご褒美」は浪費癖の入り口と言っても過言ではないでしょう。

浪費癖をつけないようにするためにも、ここぞというとき以外の「自分へのご褒美」はしないようにしましょう。

まとめ

「自分へのご褒美」によって、自分を甘やかしてしまい、本来貯金しなければいけないお金まで浪費してしまうということにつながります。

私たちが将来に渡って手に入れられるお金(生涯獲得賃金)には、基本的に限度があります

そのことを十分理解し、自分のお金を守るためにも「自分へのご褒美」を今すぐやめるようにしましょう。

今すぐ投資を始めるべき理由&おすすめの投資先 >>