未分類

【FPが解説】節約するだけなら家計簿は不要だと思う3つの理由

家計簿 節約 貯金 不要 必要性
節約したいから、家計簿つけようっと♡

しばしば、家計簿をつけるだけで節約できる的な考えを持っている人が多いですが、

家計簿つけるだけでは節約できませんよ??

むしろムダと言っても過言ではないでしょう。

世の中のファイナンシャルプランナーのみなさんは家計簿をつけるのを推奨していますし、お金の流れを明確にしたいのであれば私も家計簿はつけることをおすすめします。

ですが、「節約」だけにフォーカスするのであれば、家計簿はつけるべきではないと考えています。

今回は、節約するだけなら家計簿をつけるべきではない理由を3つ説明していきます。

この記事でわかること(要約)

節約したけりゃ何も買うな!何も使うな!

節約するだけなら家計簿は不要だと思う3つの理由

  • 家計簿つけてもどうせ見返さない
  • 前月(前日)のレベルまではお金を使っていいと思いがち
  • 家計簿をつける時間がもったいない

家計簿つけてもどうせ見返さない

家計簿つけてもどうせつけっぱなしでしょ?

家計簿は次のようなことを明確にするために活用するものです。

  • どのくらいお金が入ってきたか(収入)
  • どのくらいお金が出ていったか(支出)
  • どんなことにお金を使ったか(支出先)

なので、家計簿をつけたからと言って節約できるわけではありません

家計簿を活用して節約をしたい!と考えているのであれば、家計簿をつけたあとにかならず反省と次回の目標を立ててPDCAサイクルをゴリッゴリに回していく必要があります。

PDCAサイクルとは、Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)を繰り返して行動や事業を継続的に改善していくことです。

  • Plan:目標(使っていいお金の限度額)を決める
  • Do:実際に買い物をしたり日常生活を送る
  • Check:レシートなどから家計簿をつけて、目標を達成できたかどうかチェックする
  • Action:反省会

家計簿をつけているほとんどの人は、家計簿をつけることに追われて、どのくらい節約するかという目標を設定したり、その目標がどのくらい達成できたかをチェックして反省するという「PDCAサイクル」が全く回せていない人が多いです。

つまり、ほとんどの人は家計簿をつけているだけで節約につながる行動をしていないということです。

前月(前日)のレベルまではお金を使っていいと思いがち

家計簿つけると、逆に「ここまでならお金を使っていい」って勘違いするよ?

家計簿をつけることで、確かに使ったお金を明確にすることができます。

ですがその金額が明確になるせいで、

先月(昨日)はこのくらいお金を使ったから、今日はこのくらい使っていいや〜

と錯覚し、結局は前月(前日)と同じぐらいの金額に収束しがちです。

つまり、使うお金が増えも減りもしづらいということです。

家計簿をつける時間がもったいない

そもそも家計簿つけるのだるいでしょ?面倒でしょ?

 

ぶーーーーーーーーーっちゃけ、

家計簿つけるのクッソだるくないっすか??

個人的にこれが最大の問題点だと思っていますww

家計簿つけても1円にもならないし、時間はもったいないし、ごちゃごちゃに買い物したら分別して記帳するのだるいし…

で、家計簿をつけなければいけないというストレスに追われて、家計簿をつけることを投げ、一緒に節約することも投げてしまう。

ほならね、家計簿つけなきゃいいだけですよ(暴論)

本気で節約したいなら、金を使わなければいい

じゃあ、節約するならどうすればいいの???と疑問に思ったかもしれません。

単刀直入に言います。

お金を使わなければいいだけです。

  • コンビニで買い物をしなければいいだけ
  • 外食をしなければいいだけ
  • カフェでコーヒーをかわなければいいだけ
  • 外食をしなければいいだけ
  • 飲みに行かなければいいだけ
  • 晩酌をしなければいいだけ
  • 旅行をしなければいいだけ
  • 服を買わなければいいだけ
  • etc…

簡単でしょ?

まとめ

貯金・節約ができない…と悩んでいる人の99%は、

クッソどうでも良いことにお金を使いまくっているからです。

まずは、財布の紐を固く締める。

1円たりともお金を使わないぞ!!という意気込みで取り組めば、お金なんてあっという間に溜まっていきます。

そして、貯金したお金の一部を投資に回しましょう。人生を有利に過ごせます。

今すぐ投資を始める理由&おすすめの投資先 >>