未分類

私が実践している「買い物の基準」の具体例5つを紹介!

買い物の基準 具体例

前回の記事では、買い物するときは「自分なりの買い物の基準」を持つべきだ!と説明しました。

買い物の基準
【賢い買い物術】「買い物の基準」を持つべき5つの理由 休日は街にでかけてショッピングを楽しんだり、暇な時間はスマホでネットショッピングを楽しんだりしている人も多いかと思います...

 

とはいえ、いきなり「自分なりの買い物の基準」を持て!と言われても、なんのこっちゃわからない…イメージできない…という人がほとんどでしょう。

そこで、ファイナンシャルプランナーである私が実際に設定している「買い物の基準」を紹介します。

私が実践している「買い物の基準」具体例5つ

基準1:それは、将来に役立つか

今ほしいと思っているもの。

それを買うと、自分の人生に役立つか?自分の人生を輝かせるために絶対必要なものか?

 

短期的に見てただ自分の物欲を満たすためにものを買おうとしているのであれば、それはただの散財(無駄使い)です。

短期的な目的であれば、そのモノの役割はごくごく限られたものになり、長い目で見ればなんの役にも立っていないでしょう。

自分の将来を形成する、幸せにする上で必要なものかどうか。このことを常に考えるべきです。

基準2:それは、生きていく上で絶対必要なものか

今ほしいと思っているもの。

それを買わないと、あなたは生活することができないのか?

 

なんとなくや、購買欲を満たすためにものを買おうとしているのであれば、一旦落ち着くべきです。

自分の生活を豊かにするものや、生きていくうえで絶対必要なものなのか。

それ以外に必要なものってそうそうないと思います。

基準3:それは、持っているもので代用できないのか

今ほしいと思っているもの。

それと似たものをすでに持っていないか?代わりになるものをすでに持っていないか?

 

例えば、新しいコートを買おうとしているときに考えてほしいのが、

その買おうとしているコートは、すでに似たようなものを持っていないか。もしくは他のアウターで代用することができないか。ということを常に考えるべきです。

もちろん、衣服をブラッシュアップ(よりよく)するために新しいコートを購入するのはOKですが、ただほしいから買おうとしているのであれば、一旦落ち着くべきです。

なぜなら、そのコート買ったとしても、タンスの肥やしになるコートが増えるだけですよ?

他のモノを買おうとしているときも同じです。

基準4:それは、今欲しくなっているだけではないのか

今ほしいと思っているもの。

セールや新商品だから欲しくなっているだけではないか?

 

セールが開催されているときや、新商品が発売されたときなどは、自分の購買欲がかき立てられがちです。

しかし、「安いから!」「新商品だから!」と安易に飛びついてはいけません。

本当に買うべきものであれば、たとえセールで値引きされていなくてもその商品を購入するでしょうし、新商品でなければならない理由を明確にしたうえでその商品を購入するでしょう。

基準5:それは、他の誰かを絶対に喜ばせるものか

今ほしいと思っているもの。

それを買うと、他の誰かを絶対に喜ばせること(自信が)ができるか?

 

誰かへのプレゼントやサプライズといったときに何かを買うとき、

その買うものは、その誰かが絶対によろこんでくれ(そうな)ものを必ず買うべきです。

自己満足のためにものを買ってはいけません。

まとめ

いかがだったでしょうか。

私が買い物をするときは、この基準を組み合わせて総合的に判断した上で、買うか買わないかのジャッジを下しています。

そうすることで、お金の無駄使いもしなくなりましたし、買い物に使う時間も圧倒的に短くなりました

もちろん、全員が全員この基準に従え!と言っているわけではありません。基準は自分なりに決めればいいのです。

ぜひ「自分なりの買い物の基準」を作って、賢く買い物をしましょう!

 

そして浮いたお金を使って「投資」を始め、賢くお金を増やしていきましょう。

今すぐ投資を始めるべき理由・おすすめ投資先 >>