未分類

【賢い買い物術】「買い物の基準」を持つべき5つの理由

買い物の基準
買い物大好き!ストレス発散にもなる!!

 

休日は街にでかけてショッピングを楽しんだり、暇な時間はスマホでネットショッピングを楽しんだりしている人も多いかと思います。

その際、あなたは自分なりに「基準」を持って買い物をしているでしょうか?

基準を定めて買い物をしないと、お金や時間をたくさん無駄使いしてしまうことになります。

 

今回は、買い物するときに「基準」を持つべき5つの理由と、「基準」の具体例について解説・紹介していきます。

買い物が趣味になっている人や、買い物でストレス発散している人などは特に要チェックの記事です!

「買い物の基準」を持つべき5つの理由

無駄なものを買わなくなる

買い物の基準をしっかり持つと、無駄なものを買わなくなります。

自分なりに買うものの基準をしっかり持っていれば、当然ですが無駄なものを買わなくなり、本当に買わなければならないものだけを買うことができます。

  • 新しい服を買ったものの一回も着ていない…
  • ダイエット・筋トレ器具買ったものの数回しか使っていない…
  • etc…

みんなこういった経験をしたことが一回以上は絶対あるはずです。

買い物の基準さえしっかり持っていれば、こういう「やってしまった…」的な経験をすることがなくなります。

お金の無駄使いをストップすることができる

買い物の基準をしっかり持つと、お金の無駄使いストップにつながります。

自分なりに買うものの基準をしっかり持っていれば、当然ですがお金の無駄使いをせずに済みます。

学生や若いうちは、まだまだ貯金や資産を持っていませんし、稼げる(もらえる)お金についてもとっても少ないという人が多いでしょう。

  • 今月のバイト代、5万円だった…
  • 今月のおこづかい、5,000円だった…
  • 今月の給料、10万だった…

この程度のお金しか稼げない(もらえない)のに、

  • 1着1万円もするようなブランド服を買ったり、
  • 1本数千円もするゲームを買ったり、
  • スマホゲームにお金を全て課金したり、
  • みんなが使っているからと理由で高い化粧品買ったり
  • etc…

みなさんは、身分に合っていない買い物ばかりをしています。

こういうものは、大人と同じぐらいお金が稼げるようになってから買えばいいのです。

  • あなたが激安の服を着ていたとしても、誰もあなたの服の値段なんて興味を持ちません(サイズがあっていたり似合ってさえいれば誰でもモテます。)
  • あなたが100均の化粧品を使っていたとしても、誰も気づきません
  • ゲームにお金を使っても、そのゲームが終わったり飽きたりすると何も残りません

 

大人になるまでは、お金を貯めたり、自分への投資として本や勉強道具にお金を使えばいいのです。

特に、本や勉強道具にお金を使うと、結果的に将来もっとたくさんのお金をもらえるようになるかもしれません。将来のために使いましょう。

時間を有効活用できる

買い物の基準をしっかり持つと、時間の有効活動につながります。

自分なりに買うものの基準をしっかり持っていれば、買い物の時間を減らすことができます。

なにかほしいものないかな〜と、休日にふらふらーっと買い物のために街に出かけてしまうとそれだけで半日から丸一日かかりますし、

なにかほしいものないかな〜と、スマホでネットショッピングを始めてしまうとそれだけで数時間たっていることがあります。

その買い物に使った時間って、本当に無駄な時間だと思いませんか?

数時間もあれば、英単語を100個ぐらい覚えたり、本を1冊読めるでしょうし、

丸一日もあれば、問題集1冊をやりきってしまうこともできるでしょう。

でも、その時間を目的のない買い物に使ってしまうと、あなたはお金も時間も失ってしまいます。

ほしいものを探すために買い物をするのではなくて、本当にほしいものを買うために買い物すべきなのです。

ストレスがたまらない

買い物の基準をしっかり持つと、ストレスがたまりません。

自分なりに買うものの基準をしっかり持っていれば、買い物で生じるストレスを最小限に減らすことができます。

えっ、買い物ってストレス発散だよ!!

って思っているそこのあなた。その考えは大きく間違っています

私たちは買い物するときに、無意識のうちに「選択」をしています。

あ〜、あの商品いいなあ。でも、こっちの商品も気になるなあ…。という感じです。

アメリカの心理学者「Barry Schwartz(バリー・シュワルツ)」は自身の著書「THE PARADOX OF CHOICE(選択のパラドクス)」にて、「選択の回数が多いと、鬱や孤独感を感じることがある。」という結論を出しています。

このことから、「選択」の連続である買い物は、ストレスの原因になっているということに結びつけることが可能です。

ストレス発散だ!と思っていた買い物が、逆にストレスの原因になっていたという可能性があります。

誘惑に対して我慢強くなる

買い物の基準をしっかり持つと、他の誘惑(欲望)に対して我慢強くなります。

自分なりに買うものの基準をしっかり持っていれば、自分が突発的にほしいと思ったものを買わない=我慢するということにつながります。

水は低きに流れ、人は易きに流れる」という言葉があります。

人間は安易なもの(手頃なもの)を選びがちだという意味ですが、この意味を拡大解釈すると、

人間はあることに対する「我慢」のハードルを下げてしまうと、他のことに対する「我慢」も下がってしまう。と解釈することもできます。

一度上がった生活水準を下げるのは難しい(贅沢な暮らししていると、質素な暮らしができなくなる)と似たような感じです。

sなので、他の我慢のハードルを下げないためにも、買い物の我慢は高く持つようにしましょう。そうするだけで、自分を律することができ、自分の軸もしっかりと持つことができます。

最後に

買い物するときは「自分なりの基準」をしっかりと持つだけで、

  • 無駄なものを買わなくなる
  • お金の無駄使いをしなくなる
  • 時間を有効活用できる
  • ストレス解消になる
  • 我慢強くなれる

こういった効果が期待できます。

今までの買い物を見直し、いっぱい無駄な買い物しているな〜と思ったあなたは、

今すぐに「自分なりの買い物の基準」を作るべきです。

買い物の基準 具体例
私が実践している「買い物の基準」の具体例5つを紹介!前回の記事では、買い物するときは「自分なりの買い物の基準」を持つべきだ!と説明しました。 https://maneiz.com/s...