未分類

【お弁当族を目指せ】外食ランチをやめて、1ヶ月約1万円も節約!

外食ランチ 節約 お弁当
お昼ご飯は友人とランチ♡

平日のランチタイムになると、学生は友人と、社会人は同僚と一緒に街に繰り出し、一緒にご飯を楽しんでいる人もいらっしゃると思います。

しかし、外食は総じて出費が大きいので、気分転換も兼ねてたまに外食ランチを楽しむ分にはいいですが、平日は毎日外食ランチに出かけるのはあまりにも浪費的です。

もし、平日のランチは毎食外食をしているという人がいらっしゃるのであれば、もう少し賢いお金の使い方をしてみてはいかがでしょうか?

外食ランチをやめるだけで、1ヶ月約1万円も節約

外食ランチからお弁当に切り替えるだけで、どのくらい節約できるのか?

実際に計算式を見ていきましょう。

  • 平日の日数(1ヶ月):20日
  • 外食ランチ1回あたりの単価:700円

→ 700円×20日 = 14,000円(A)

 

  • お弁当1回あたりの材料費・光熱費等の総単価:200円

→ 200円×20日 = 4,000円(B)

 

⇒ 14,000円(A)ー4,000円(B)=10,000円

外食ランチをやめ、弁当に切り替えるだけで1ヶ月あたり約1万円も節約できるのです。

お弁当を作る時間が発生することも忘れてはいけない

外食ランチをやめ、お弁当に切り替えるだけで月1万円も節約できると結論づけましたが、

お弁当を作るためには当然「時間」が必要になります。

なのでもし、

  • 料理が苦手な人
  • 寝る間も無いくらい忙しい人
  • お弁当を作る時間も働いたほうが儲けれる人
  • etc…

こういった人であれば、お弁当を作る時間が逆にもったいなく感じるかもしれません。

こういった人は、最初から外食ランチをするべきでしょう。

 

しかし、毎食外食ランチでお金を垂れ流し続けるのも非常にもったいないので、

基本はできる限りお弁当を作って、節約につとめるほうが賢明かと思われます。

前日からの作りおきや、お昼ご飯はおにぎりだけといった選択肢も考慮しつつ、上手くお弁当ライフを始めていきましょう。

友人・同僚のランチの誘いを断っても何も起きない

え、でもランチの誘いを断ったら、白い目で見られそう…

大丈夫です。きっと問題ありません。

あなたがもしお弁当ライフを始め、ランチに行ける回数が減ったとしても、

友人や同僚はきっと、「この人はお弁当族に変わったんだ。」と思い、毎日毎日ランチに誘わなくなるだけです。

自分がランチに行けるときは、前日などに声をかければいいだけなのです。

というか、ランチでしか今の関係を維持できないのであれば、その人間関係は偽物です。さっさと別の人間関係の方にシフトしていくべきでしょう。

まとめ

平日は毎日外食ランチという人は、改めてお金の使い方を考え直し、

外食ランチよりももっと良いお金の使い方を考えてみてはいかがでしょうか。

そして、外食からお弁当に切り替え、浮いたお金で、

  • 投資
  • 貯金
  • 自己投資

といったことを始めるほうが、賢明だと思われます。

 

そして浮いたお金を使って「投資」を始め、賢くお金を増やしていきましょう。

今すぐ投資を始めるべき理由・おすすめ投資先 >>