書籍レビュー

【書評レビュー】「「いらないモノ」が教えてくれること」を読んで、ガラクタを一掃しよう!

【書評レビュー】「いらないモノ」が教えてくれること ミニマリスト ミニマリズム

こんにちは!ミニマリストまねいずです(﹡ˆᴗˆ﹡)

 

今回紹介するミニマリスト系書籍は、

ケリー・L・リチャードソン著「「いらないモノ」が教えてくれること 〜散らかった部屋に隠されたメッセージを読み解き 人生を立て直す方法〜

こちらの1冊です!

今回は、この本を紹介していきますね!(* ˃ ᵕ ˂ )b

「「いらないモノ」が教えてくれること」一言まとめ

あらゆる「ガラクタ」を捨てることで、人生は幸せになる

「「いらないモノ」が教えてくれること」重要ポイント

重要ポイント1:「ガラクタ」は幸福になることを邪魔する

著者のケリー・L・リチャードソンはこの本で、

「ガラクタ」によって、素敵な思考・決断ができなくなり、結果として幸福になることができなくなってしまうという旨のことを語っています。

ここでいう「ガラクタ」とは、

  • いらないモノ
  • 山積みにしているモノ
  • 封印しているモノ
  • マイナス思考
  • 凝り固まった思考
  • 封印している思い出

こういった、精神的・物質的なモノ全てを指します。

 

こういったモノに囲まれて生活していても、

いいアイデアは思いつかないでしょうし、

「ガラクタ」を見てうんざりしてしまうでしょうし、

時間もどんどんなくなっていってしまう。

 

「ガラクタ」は、あなたが幸福になることを邪魔しているのです。

重要ポイント2:「ガラクタ」を処分できないのは、現実逃避しているから

「モノを捨てないといけないのはわかってるんだけど…」

「掃除しないといけないのはわかってるんだけど…」

このように、物を捨てたり掃除をしないといけないのは理解しているけど、

なかなか動けない!

という人は多いと思います。

 

その原因について、著者のケリー・L・リチャードソンはこの本の中で、

恐ろしい目標から目を逸らすためにガラクタが活躍している

(=ガラクタが現実逃避の手助けをしている)

という旨のことを語っています。

 

ということは、「ガラクタ」さえ片付けてしまえば、

やるべきことにフォーカスできるということでしょう!ヾ(*´∀`*)ノ

「「いらないモノ」が教えてくれること」実践ポイント

実践ポイント1:ポモドーロ・テクニックを活用する

著者のケリー・L・リチャードソンはこの本で、

「ポモドーロ・テクニック」

を活用して、物を捨てたり、掃除をすることをおすすめしています。

 

「ポモドーロ・テクニック」とは、

短時間の活動と短時間の休憩を繰り返すこと。

例えば…

「30分活動 → 5分休憩 →30分活動 →5分休憩 →…」

という活動サイクルを作ることで、なにごとにも集中し続けられるというメリットがあります。

 

私も、勉強したり作業したりするときは、よくこのポモドーロ・テクニックを活用しています。

ずーっと集中し続けられるのでおすすめですよ!!( ̄ー ̄)

実践ポイント2:物の種類等に応じて物の捨て方を変える

著者のケリー・L・リチャードソンはこの本で、

物の種類等に応じた、物の捨て方テクニックを紹介しています。

どのテクニックも素晴らしいものなので、ぜひこの本を実際に読んで、習得することをおすすめします!(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

まとめ

物質的な「ガラクタ」だけではなく、精神的な「ガラクタ」も、

私たちから幸せや時間を奪っている原因です。

ぜひ、この本を読んで、全ての「ガラクタ」を処分し、身軽で幸せな人生を手に入れましょう!