未分類

【FP・元銀行員が徹底解説!】つみたてNISAって何?

つみたてNISA 解説 詳しく 紹介
将来のために投資をそろそろ始めようかな…
CMでよく「つみたてNISA」って聞くけど、あれって何?NISAとどう違うの?

 

「つみたてNISA」という言葉を聞いたことがあるという人は多いでしょう。

街を歩いていてもテレビを見てもニーサニーサとお祭りのように叫ばれています。

 

でも、

そもそも、つみたてNISAって何? 

 

NISAとつみたてNISAって何が違うの??

 

と疑問に思っている人も多いかと思います。

そんなあなたのために、今回は将来を見すえてお得に積立投資が始められる「つみたてNISA」についてと、NISAとの違いについてわかりやすく解説していきます。

つみたてNISAとは

「つみたてNISA」とは、「長期積立分散投資」用の非課税制度のことです。

つまり、将来のために少しづつコツコツと非課税で投資ができる制度であり、将来の資産形成ををしっかりしていきたいという投資初心者のための制度のことです

そして、NISAには3種類あります。

NISAの分類

その中で今回は、つみたてNISAについて説明していきます。

NISA(無印NISA)についてはコチラの記事 >>

ジュニアNISAについてはコチラの記事 >>

「NISA」3種類を徹底比較! >>

つみたてNISAの主な特徴について

利益が非課税

他NISA(無印NISAジュニアNISA)と共通の特徴です

通常、株式や投資信託を購入・運用し、「利益(配当金・普通分配金・売却益)」が出た場合、利益の一部(20.315%)から税金が引かれて、残ったお金しか手に入りません

株式・投資信託 普通口座 売却益株式・投資信託 普通口座 普通分配金 配当金

せっかく上手く運用ができて利益が出たのに、その一部が税金で引かれてしまうなんてと思ったそこのあなた。

これが大人の世界です。笑

しかし、この利益をすべてもらえるように特別優遇したのが「NISA」です

株式・投資信託 NISA口座株式・投資信託 NISA口座 普通分配金 配当金

利益に対する税金が非課税になるだけで、損が0になるというわけではありません。元本割れリスクといった各種リスクは通常の投資と同じです。

厳選された投資信託が購入できる

投資信託は2018年末時点で6,000本以上あると言われています。

その中からあなたが購入する投資信託を選べ!と言われても多すぎてわけがわからないと思います。

そこで「つみたてNISA」は、さまざまな条件で厳選された162本の投資信託(2019年3月10日現在)のみを対象にしています。

選ぶ対象が6,000本から162本にぐっと下がっただけでも非常に選びやすいですよね!

加えて、その162本も厳選された優良ファンドなので、比較的安心して選ぶことができます。

  • つみたてNISA対象外の投資信託を買いたい!
  • 投資信託じゃなくて株式を買いたい!

こういう人は、つみたてNISAではなく無印NISAを選択すべきです。

日本に住む20歳以上の人が利用できる

無印NISAと共通の特徴です

無印NISAと同じく、つみたてNISAは20歳以上の人が利用できる制度です。

なので、20歳未満の学生さん無印NISA・つみたてNISAを利用することができませんが、「ジュニアNISA」なら利用することができます。

20歳未満の人が利用できる「ジュニアNISA」についてはコチラの記事を。

持てるNISA口座数は1人1つ

他NISA(無印NISAジュニアNISA)と共通の特徴です 

つみたてNISAを利用するときは、「NISA口座」と呼ばれるものを作らないといけません。

しかし、このNISA口座は1人1つ(1つの金融機関)までしか持つことができません。

なお、金融機関の変更は1年に1回可能です。

毎年40万円分の投資信託の購入が可能(非課税対象)

利益が非課税になって非常にお得に投資ができる「つみたてNISA」ですが、年間40万円の投資額までしか非課税扱いになりません

つみたてNISAは、「長い期間をコツコツと投資する」というスタンスなので、1年間の投資額は少なくていいでしょ。っていうスタンスなので、40万円と比較的少額になっています。

ドカンと買いたい!という人は、無印NISAを選択するか、普通口座と組み合わせて利用すべきです。

無印NISAであれば年間120万円までOKです。

非課税期間は最大20年間(2037年購入分まで)

つみたてNISAで投資信託を購入し続けることができるのは、最大20年間(2037年購入分)までです。20年間は税金がかかりません。

一方、無印NISAはたったの5年間しか非課税になりません。

長い目で投資をするなら「つみたてNISA」、短期的に投資をするなら「無印NISA」。

なお、この期限が来ると、普通口座に移動させられ、税金がかかるようになります。

つみたてNISAを使うべき人

ここまでつみたてNISAについて説明をしてきました。

将来のことを考えてコツコツとお得に投資が始められる制度であることだとわかっていただけたでしょうか?

次の3点すべてに当てはまる人は、今すぐにでもつみたてNISAを使って投資を始めることをおすすめします。

  1. 20歳以上の人
  2. これから投資を始めようかなと思っている人
  3. 将来のためにコツコツと投資をしたいと思っている人

20歳以下の人はジュニアNISA、年間40万円以上投資をしたい人は無印NISAを選択すべきです。

つみたてNISAを使ってお得に投資を始めよう!

将来のためにもつみたてNISAを使って投資を始めるぞ!…どうすればいい?
どの証券会社で投資を始めればいいかわからない…おすすめは…??

つみたてNISAを使ってコツコツと投資を始めよう!と思ったらまずは、証券会社などでNISA口座を開設する必要があります。

次の記事では、証券会社おすすめランキングを紹介しています。

つみたてNISAの口座も作れる会社も紹介しています。

ぜひ参考にしてください。

ネット証券会社おすすめランキングを見る >>