未分類

【お金のプロが解説】いくら働いても、お金持ちにはなれませんよ?

労働 お金持ち 給料が高い職業 お金持ちになるために
バリバリ働いてお金持ちになるぞ!!

多くの人が勘違いしていますが、

いくら働いても、絶対にお金持ちにはなれません。 

今回はこのことについて解説し、お金持ちになるためにはどうすればいいかについて紹介していきます。

人に雇われている時点でお金持ちになれない

例えば、コンビニでアルバイトをしていたとします。

365日1度も休憩せずに寝ずに24時間働き続けたとします。(現実的には無理ですが笑)

コンビニのアルバイトの平均時給を1,100円と仮定。

1,100円 × 24時間 × 365日 = 9,636,000円

コンビニのアルバイターとして1年間1秒も休まずに働いても年収1,000万円には届きません。

また、給料が高い会社に就職できたとしてももらえる給料の額には上限があるでしょうし、バリバリ働いて会社の業績アップにいくら貢献しても、その利益のほとんどは株主や他の社員のボーナス、内部留保に割り振られてしまいます。(ほんの気持ちボーナスが多くなるかな…ぐらいです。)

つまり、雇用形態がどうであれ「人に雇われて働いている」時点でお金持ちにはなれないのです。

お金持ちになるには「起業」「投資家」の2択

起業家(経営者)

労働者ではなく、起業家(経営者)になり、その事業が超絶うまく行けばお金持ちになれるかもしれません

起業をしてビジネスを展開したり、会社の経営者になることで、自分の給料を自分で決めれるようになります。

そして事業がうまく行けばうまく行くほど、自分の給料を青天井に引き上げることもできます。

つまり、起業家になることであなたの力で稼いだお金は、基本的に全てダイレクトにあなたのものになりますし、経営者になることであなたの会社の利益を基本的に好きなように分配できるのです(労働者の給料・経費などは当然除く)

投資家

あなたがもっとも簡単にお金持ちになるための方法が「投資家」になることです。

投資家としてとある企業の株式を購入して保有し続けていると、その会社の利益の一部が株式の保有量に応じて「配当金」としてあなたの手元に転がり込んできます。

あなたはただ株式を買っただけで他に何もしていないのに、その会社で汗水流して必死に働いている人が生み出した利益の一部を貰うことができるのです。

寝ているだけでお金が入ってくる。」とはまさにこのことです。

なので、お金持ちになりたければ、労働者(もしくは起業家)としてバリバリっと稼いだお金を「正しく投資」しましょう。

まとめ

いくら雇われの身で一生懸命働いたとしても、一生お金持ちになることはできません。

ですが、労働者には、能力がなくても一定の給料を安定的にもらえたり、資格取得などの助成金がもらえたりするというメリットがあります。

まずは、労働者として働いて社会のマナーやスキルなどを身につけるとともに、お金を貯めていきましょう。

そして、今以上にお金持ちになりたい!成功したい!と考えているのであれば、培ったスキルを武器に起業したり、投資家として株式を購入するべきでしょう。

また、投資であれば、100円から始めることができたり、ポイントを使って始めることもできる証券会社もありますので、今すぐにでもお試し的に投資を始めることをおすすめします。

今すぐ投資を始めるべき理由&おすすめの投資先 >>